閉じる

  • 採用コンサルティング
  • インターンシップ設計
  • 説明会設計
  • 選考設計
  • テスト/テキスト
  • 魅力要因抽出サーベイ
  • SPI3
  • 内定辞退調査
  • フレッシャーズコース
  • 採用業務代行
  • リクナビ操作代行
  • 説明会代行/面接代行
  • 研修
  • 採用系研修
  • スキルアップ系研修
  • 内定者研修
  • ツール制作/リクナビ掲載
  • ツール制作
  • リクナビ掲載

閉じる

  • パンフレット
  • VTR/スライド
  • 会場・ブース装飾
  • ウェブサイト
  • DM

閉じる

  • 社長挨拶
  • 会社情報

理工系採用ノウハウ

たとえば、理系学生には就活できない時期があります。採用成功への第一歩は、理系学生の事情をよく知ることです。

理系学生の採用を成功させるには、"理系ならでは"の採用設計が欠かせません。

彼・彼女たちは自身の専攻分野と就職先との関係をどう見ているのか。
試験や研究室への配属、学会での発表や卒業研究など、多忙を極める彼らのスケジュールはどうなっているのか。そもそも彼らがどれくらいの割合で進学、もしくは就職するのか。
…などなど、説明会のコンテンツを企画するにしても、選考日程を調整するにしても、そんな彼らの事情を考慮する必要があります。

日本有数の大手企業や自動車系メーカー他、多くの理系学生の採用を支援してきた私たち。そこで得たノウハウを少しご紹介します。

大学生・院生の進路スケジュール
Act.1

「専攻が活かせる」をいかにイメージしてもらうか

理系学生のほとんどが、「専攻が活かせるか」という観点で企業選びを始めます。しかし、研究や学会発表の準備などと並行して就職活動を行うことも多く、十分な情報収集ができないがために、専攻と仕事の関係性を見いだせない学生が多いことも事実です。

したがって、理系学生を集めるためには、専攻で学んでいることが自社の仕事にどれだけ結び付いているのかをわかりやすくイメージしてもらうことが重要となります。

弊社実績の理工系採用企業 1
Act.2

5つのポイントを押さえた選考設計

5つのうち1つはすでにお話ししたとおり、「専攻が活かせるか」ということ。理系学生はその軸でまず、就職活動をスタートさせることになります。そして就活が進むにつれて、以下の4つの要素を加味しながら、企業選びを進めていきます。

その4つとは、「技術力」・「プロダクト(製品)」・「会社環境」、そして「社会への影響力」。どこまでも自身のスキルアップを図りたい、いいモノを作って世の中にいい影響を与えたいという、技術者ならではの気持ちに沿った説明会や選考の設計が効果的です。

※詳細は無料進呈中の「理系学生の気持ちがわかる小冊子」にてご紹介しています。

弊社実績の理工系採用企業 2
その他にも、理工系採用にお悩みの方必見!理工系学生獲得ノウハウについては無料冊子にまとめています。ぜひお気軽にご請求ください。

こちらでは弊社へのお問合せ、ご質問、ご要望を受け付けています。
ご回答はできるだけ速やかに行いますが、内容によってはお時間をいただく場合がございます。

お問い合わせ・ご意見はこちら

※弊社への営業目的でのお問合せは、ご遠慮下さい。